「嫌われる人」「仲間はずれにされる人」の特徴と対策

「嫌われる人」「仲間はずれにされる人」の特徴と対策

SNSに投稿しても、なんの反応もない。
他人の投稿にいいねやコメントをしても、スルーされてしまう。
メールを送っても、返事が来ない。

もしかして、
嫌われてる?無視されてる?
仲間外れにされてる?

そんな気持ちになること…、誰でもあると思うんです。

まいど
40歳からの充実人生をプロデュースする
全肯定®!心理カウンセラーのたかぢんです。

今日は、
「嫌われる人」「仲間外れにされる人」の特徴、
そして、その対処法をお伝えします。

まずは「嫌われる人」の「2大要因」!

◆要因1
自分よがりで、周りの人を「否定したり」「批判したりする人」
もちろん、誹謗中傷は論外です。

◆要因2
正義感が強く、正しい、正しくないで
周りの人を「正そう!変えよう!とする人」
※ほとんどの場合、良かれと思っての行動です。

この「2大要因」は
ほとんどの人が「うっとおしい」と感じます。
なので、これをやると間違いなく嫌われます。

そして誰も、面とは言ってはくれません。
いつのまにか離れて行ってしまう、といった感じです。

(T_T)。。

次に、「仲間外れにされる人」の特徴です。
要因は、4つあります!

◆要因1
「自己肯定感が低く」
「自分はなにをしても受け入れてもらえない」
と、思っている人

◆要因2
「自信がなく」
周りの人の、顔色や反応ばかりを気にして
気を遣ってばかりいる人

◆要因3
「空想、妄想の世界を生きていて」
イヤなことを「イヤだ」と言えない人
イヤなことから、自分を守る行動を起こさない人

◆要因4
遠慮がち、控え目で
自分の考えや気持ちを言わない人

ほかにもありますが、これが仲間外れにされる「4大要因」です。

…。

こう言われるとほとんどの人が
「ピッタリだ!」「どうしよう!」
「だから私は嫌われてしまうんだ!」

と、ショックを受け
自分を変えようと努力するんですが…。
それをやってもうまくいきません。

なぜなら、
行動することに、恐れや不安が伴うから。

自己肯定感が低いのも、
自信がないのも、
妄想ばかりする思考グセも、
自分の言いたいことを言えないのも、

過去に、人間関係の中で
否定され、批判され、傷ついてきたからこそ
それを避ける為の「行動パターン」だからです。

ズバリ!解決のキーワード
「人間関係のトラウマ解消!」です。

ポイントは3つ!
①トラウマ記憶を書き換える!
②心の傷を癒す!
③嫌われた!仲間外れにされた時の対処法を知る!

それさえできれば、様々な問題が一気に解消します

嫌われることも怖くなくなります。
仲間外れも、気にならなくなります。
人のことが、気にならなくなります。
言いたいことも言えるようになります。
いつの間にか、自信が沸き上がってきます。

ぜひ、人間関係のトラウマを解消する!
「ここメンテ」や 「ここケア」に参加してみてください。

ご参加いただいた皆さんから
こんな喜びの声をいただいています。

「長年抱えてきた、不安や恐れが消えた!」
「自信が持てるようになって人が怖くなくなった!」
「周りの人を信じれるようになった!」
「いままでうまくいかなかった理由がわかった!」
「悩み、トラブルの問題解決パターンがわかった!」
「ここケアをきっかけに、人生が変わった!」

次回の
「ここケア」は、2月19日(金)
「ここメンテ」は、2月21日(日)

お役に立てることを、
心から楽しみにしています。

毎月先着5名限定!特別無料ご招待!
ここメンテ初回無料ご招待



■ 2/ 21(日)10時~11時,13時~14時
3/  3(水)10時~11時,13時~14時

FREEベル初回無料ご招待のお申込はこちらからベルFREE


■ 2/ 19(金)10時~17時

FREEベル初回無料ご招待のお申込はこちらからベルFREE







関連記事

  1. 周りに振り回されて悩んでいる女性

    家族・子供・周りの人の問題で悩んでばかりいませんか?

  2. 嫌われるのが怖い!いつも誘われない人の心理

    嫌われるのが怖い!いつも誘われない人の心理

  3. 人目を気にする人が批判・否定に強くなる方法

    人目が気になる人が批判・否定に強くなる方法

  4. 驚愕!人に好かれる人がしている習慣

    驚愕!なぜか人に好かれる人がしている習慣

  5. 人間関係の悩み 不機嫌な人対処法

    【人間関係の悩み】不機嫌な人の対処法|怖い! めんどくさい! 自分のせ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。